四柱推命(しちゅうすいめい)について

コラム

四柱推命はどんな占い?

四柱推命は、生年月日をもとに様々な事柄を読み解いていく占いです。 名前に四柱とあるように本来は生まれた『年・月・日・時間』から、『年柱(ねんちゅう)』『月柱(げっちゅう)』『日柱(にっちゅう)』『時柱(じちゅう)』の4つの柱を読み解いていくのですが、生まれた時間まで正確に把握している人が少ないことや、 『年柱』『月柱』『日柱』の3つの柱だけでも運命を読み解くことができるため生まれた時間である『時柱』までは必須とされていません。

四柱推命が生まれたのはいつ?

四柱推命という考え方が生まれたのは、およそ3000年以上も昔の中国です。ですが当初は占いとは全く違ったものだったようです。占いとして現在のように使われるようになったのは、紀元3世紀頃といわれています。その頃はまだ一般的なものではなく、国家を揺るがすような大事を占う場面などで用いられました。

四柱推命の基本

前出した『年柱』『月柱』『日柱』『時柱』の四柱が四柱推命の特徴的な点です。この4つの柱を基に命式が作られます。この命式から運勢や様々な事柄がわかります。

また四柱推命には干支も用いられます。そして命式と干支の関係から宿命星が示されることではじめて四柱推命として占い結果を導き出していくことができます。

タイトルとURLをコピーしました